FC2ブログ
01 Category | 鉄拳5DR飛鳥
10/24 拳道場主?
10/08 マタドール杯
09/27 ゴリ押し
08/13 闘劇07 鉄拳5DR
07/03 TEKKEN 6  Location test
06/28 壁攻め~補正切れ流雲墜~【追記】
06/28 飛鳥コンボ動画
06/27 巌戸の新たな使い方?
06/26 3日間ALL鉄拳
06/20 初龍王。・゚・(ノД`)・゚・。
02 Archives
03 RecentComments
04 RecentTrackbacks
05 Links
06 Profile

Recommended  nicovideo & etc
Google Search in cbr2nd

2007.10.24 Wed

http://www.namco.co.jp/ar/event/tekken/dojo/news/
スポンサーサイト



14:53 | 鉄拳5DR飛鳥 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.10.08 Mon

二次予選で敗退

22:10 | 鉄拳5DR飛鳥 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.09.27 Thu



この強引さが俺の飛鳥にも必要だな

01:06 | 鉄拳5DR飛鳥 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.08.13 Mon

長い間放置していてすいませんでした

闘劇当日枠狙いで8~12日まで東京遠征してましたw




結果だけ書くと

・当日予選一位通過
・本戦一回戦で韓国qudunsNIN200wonチームに負け終了
・段位変動は龍王→無双

と、鉄拳を5日間満喫できたんじゃないかと








今日からはしっかりブログのほうを更新していくので

よろしくお願いします。



17:21 | 鉄拳5DR飛鳥 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.07.03 Tue

http://www.tekken-official.jp/tk6ac/location.html



まだ興味が沸かない









何故ならDRが面白いからね



どう考えてもまだ遊び足りてない・・・








思えばDRがスタートしてすぐは

DRで投げが強化されたこともあり

人間性能が低い自分からしたら地獄のような調整だった。


初期のほうは対戦していて無理なビジョンしか見えていなくて

何回も折れそうになった。




その時のことを思うと

まさかパンピーの自分が

広島でも数人しか到達できていない鉄拳王という段位まで

到達してしまうとは考えもしなかった。

時間はかかったけど頑張った甲斐がありました。




今は段位以外にも目標があるし

まだまだ煮詰めていける部分もあるから


DRをさらにやり込んでいきます。




23:47 | 鉄拳5DR飛鳥 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.06.28 Thu

以前、「空中コンボ後に相手が壁へカス当たりして壁コンにならない時の補正切れに流雲墜を当てる」と書きましたが、その起き攻めが最近発展してさらにウザくなり、簡単にネタ殺しできるほどいいネタになりましたんで報告します。


まず補正切れにうまく流雲墜を当てられた場合は、特殊なモーションで少し間合いが離れるのでとりあえず時雨燕で様子見しましょう。最速で出しても受身後の相手にヒットorガードとなるのでスカる心配はないでしょう。寝っぱにももちろん当たりますしね。

受身後のフレーム的には時雨燕が下段捌きされるので、リスクを減らしたい場合は生ローを打つと捌かれないフレームだったりします。






そして、今回発展したのが

③流雲墜が補正切れに当てられなくて相手に受身を取られた時の攻め

なんですが

とりあえず基本として

流雲墜の硬直がとけたらすぐにショートレンジスローをするとちょうど相手を掴むことができます。普段あまり出くわさない状況という事もあり、正面投げでも投げを抜けるのが難しくなると思います。これは対戦で何回も試してみて実感したことかな。

んでもう一つ

流雲墜のしゃがみ帰着を利用して、硬直がとけてすぐにしゃがみからの投げ「逆さ竜胆」を出してみましょう。これは通常投げより確か2Fほど発生が早く、ショートレンジスローよりもさらに抜けにくくなり対戦での初見投げ成功率は100%。

龍王戦や王戦でも初見だけでなく何回もバシバシ決めていけて、対戦をかなり有利に運んでくれました。

何回も決めていく内に流雲墜が補正切れに当たらない方が効率がいいんじゃないかと思えたほどですから相当ですw




もちろん上記の起き攻めを何回もくらった相手は、しゃがみや投げ抜けの準備をしてきますから投げの対となる中段の選択肢もあらかじめピックアップしておいたほうがいいでしょうね。






10:54 | 鉄拳5DR飛鳥 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.06.28 Thu

Tekken 5 Asuka Kazama Combos


実戦投入できるものもあるな。

10:52 | 鉄拳5DR飛鳥 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.06.27 Wed

壁コン白露3発止め後の置き攻めで巌戸を使ってみましょう


やり方は簡単

「壁コン白露3発止め後に最速で巌戸を出す」

これだけ


そうするどちらの受身に対しても軸がずれて面白いことになります。



相手も軸がズレて自分も軸がズレるので打撃系で相手を捕捉するのは難しいですが、巌戸後にショートレンジスロー(RP+RK等、6入れしない投げ)をするとホーミングして相手を掴んでくれます。

受身後に相手が立ちガードをすると軸の関係で側面投げになることもあるし、白露二3発止め時のカベとの角度により軸が少ししかズレず正面投げになることもあります。そして側面か正面か分からない中間くらいで投げることもあるので、その時は抜けるのが相当難しいと思います。

次にこの起き攻めの弱点ですが

受身後しゃがまれたら投げがスカる、というのが挙げられます。

しかし軸がズレたまましゃがむので相手としても反撃しにくい状況だと考えられます。

この辺の細かい所はまだ調べてませんが、とりあえず使ってみて自分なりに広げていったら面白いんじゃないかと。



そしてこれの発展系として

空コンを燕槌~彩華蓮蹴等で吹き飛ばした後に壁に当たった瞬間くらいに近くで巌戸を出す。というのもあります。

この時相手が受身をとっていた場合、距離や巌戸のタイミングにより軸がズレることがあり、その後投げで側面投げになったりならなかったりするので面白い。

こちらは壁コン白露3発止め後の巌戸より、フレーム的に余裕があるのでその後の選択肢もたくさんありそうな気がします。





上記2つのパターンで巌戸を出しても受身を取ってなかった場合は、相手は正面にうつ伏せ寝っぱの状態から反撃or横転or立ちなどをしてくるのでその後の選択肢についてもあらかじめ考えておくといいでしょう。

飛鳥の得意な逆二択できる場面ですから大胆にいきましょう!





最後に

毎回上記のネタをしていっても効率は悪いと思います

時々見せて相手を困惑させる。というのが正しい使い方ではないでしょうか。



13:15 | 鉄拳5DR飛鳥 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.06.26 Tue

闘劇予選の為、愛媛と地元の広島で頑張りましたが

天神予選と同じくエリア決勝・決勝戦の大将戦で負けてしまいました。











しかし、野試合では持ち前の気合いと根性で・・・











なんと「鉄拳王」になってしまいましたw

鉄拳王


070624_2034~01tekkenoh.jpg









鉄拳をプレイするばかりでブログの更新が全然できませんでしたが

今週は飛鳥のネタや連携を中心に書いていこうと思います。


08:52 | 鉄拳5DR飛鳥 | edit | trackback(0) | comment(0)

2007.06.20 Wed

龍王up


やっとここまでこれました・・・

相変わらず弱くてどうしようもないですが

モチベも上がったしもう少し頑張りたい。


とりあえず週末の闘劇予選に向けてやり込んでいきます!

03:25 | 鉄拳5DR飛鳥 | edit | trackback(0) | comment(0)

01 Categories 02 Archives